Skip to content

マンションの投資についてのこと

マンションの投資とは、買うことを言います。そして、それを売ります。或いはマンションを人に貸します。売るのはなかなか難しい行為になります。

一つは新築ではかなり厳しいという点です。値が上がる可能性がある新築マンションがないわけではないですが、極めて少ないです。余程、地価が高騰していない限りは難しいと考えておいた方が良いです。但し、中古であれば別儀になります。

中古マンションを投資用に購入して、売る人は意外と多いです。この場合、買い方としては、競売がベストです。どうしてもイニシャルコストを低くする必要があるからです。競売であれば、かなり安く買うことが可能です。

そして、いくらか手直しをして、転売するわけです。これが意外と成功率が高いとされています。元々、競売とは玄人がやるような不動産取引であるわけですが、最近ではしっかりと知識を持った、不動産業以外の人が参加するのが増えています。インターネットなどで競売のやり方などが広く周知されたからです。

貸すタイプの投資ですが、これも貸す為のマンションを安く買う必要があります。どんな投資にも言えることですが、基本は初期投資費用を抑える事が重要になります。貸すのは元金を回収するまでに長い期間を見る必要がありますから、少しでも損益分岐点を下げる為には、安く買える競売がお勧め出来るわけです。売るために買うにせよ、貸す為に買うにせよ、成功は絶対ではないです。

但し、リターンは大きいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です