Skip to content

入居率が重要となる投資マンションのリターン

不動産物件に投資を行うのは、手堅い判断です。投資向けの金融商品は、世の中に多数存在します。その中で、長期運用ができる現物での資産運用なら、不動産が確実性の高い投資対象として評価できます。例えば、賃貸マンションを建設することで、建築から数十年に渡り賃料収入が得られます。

将来の安定した収入源があるというのは、精神的な安定感が大きいです。ただし、どの程度のリターンが得られるかは、入居率によっても左右されます。賃貸マンション物件からの収益は、どの程度入居者が借りているかにより違いがあります。できるだけ入居率を高め、空室の数を減らすことに成功するほど、それだけ物件より得られる収入が増えます。

しかし、実際のマンション投資では、いかに入居率を上げるかが重要な課題です。入居率向上のための重要な手掛かりであるのが、投資対象となるマンション物件の立地です。一般的に、利便性の高い立地に存在している物件は、入居率が高い傾向にあります。例えば、近隣に駅などの公共交通機関の拠点が存在したり、商業施設が周りに充実しているなどの条件が整っていると、物件を借りようと考える候補者が増えます。

立地に影響を受けやすい不動産で資産運用を行うのであれば、立地に関し十分なリサーチが事前に必要です。どの程度の入居者が見込めるかの運用シミュレーションを行い、確実に収益が得られるような立地の良いマンションの不動産物件を選ぶのが確実です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です