Skip to content

投資の為にマンションを買うこと

投資には様々な方向性がありますが、マンションもその一つです。この場合、不動産投資になります。そして、これにも二つのパターンがありますが、一つは転売を目的にする場合です。地価が上がる、マンション自体の価値が上がることが予想できる物件とは意外とあります。

問題はそこに利便性と価値を見出すのではなく、欲しがる人が増えるだろうという予想が重要になります。転売の場合はそうした見込みが重要になります。中古マンションを安く買って転売をする手もありますが、新築のマンションを購入して、値が吊りあがった時に売ることが多いです。その方が利益率としては極端に高いからです。

もう一つのパターンは、安くマンションを購入して、貸す方法です。不動産経営になりますから、そこまで極端に一気にリターンが期待できるわけではないですが、それが長く続くのであれば、投資としては非常に良いタイプであるのは確かです。上手くすれば子々孫々に遺すことができますから、お勧め出来るのは間違いないです。但し、さすがにリスクも高いです。

一気に投資金額を回収できるわけではないので、そこが難点といえば難点になります。投資には必ずリスクが付き物ではありますが、不動産関係はそのリスクの方向性を自分で少しはコントロールできますから、決して質の悪い事業にはならないです。計画性が必要ではありますが、それでも考慮する価値はあります。特に中古で買えば、賃貸経営はリスクをかなり抑えられます。

無料Wi-Fi 導入のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です