Skip to content

中古マンションで行う不動産投資

資産を活用して利益を生み出す事を考える場合、不動産が有効です。不動産は価値が安定していて、投資対象として安心できます。また上手くすれば、将来に渡り安定的な利益を提供してくれます。しかし一方で、不動産は価格が高いため、初期投資額が大きくかかりがちです。

新築マンションでの賃貸経営となると、まとまった資金が必要です。初期費用を抑えるため、中古のマンション物件を活用する手があります。中古物件であれば購入費用が抑えられるため、経済的負担が小さいです。しかしながら、中古物件に資金を投じる場合には、その後の運用について考慮が必要です。

新築物件に比較すると、老朽化が心配な点です。建物の劣化が進むにつれ、補修が必要です。また基本構造に劣化が見られると、近いうちに賃貸物件の建て替えも考えなければなりません。そうなると、得られる利益よりも出費が大きくなる可能性があります。

また、建物が古くなるにつれ、入居者の獲得が難しくなります。新しい住まいで暮らしたいという人たちは、築年数の古いマンションは避ける傾向にあります。それでもアイデア次第では、中古物件であっても入居率の回復は見込めます。設備を新しいタイプにリニューアルしたり、入居費を安く抑えるなど対策により、中古物件でも入居者獲得が可能です。

マンション投資から総合的に利益を得るためには、投じる必要がある各種費用と得られる利益のバランスを考えるのが重要ポイントです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です