Skip to content

マンションの経営をおこなう上での注意点

マンション経営をする場合には、そのマンションをどこに建設するかが重要です。現在は交通の便が良く、買い物にも便利な場所に建築すれば、多くの入居者が期待できますが、その場所に土地を購入するとなると多額の資金が必要になります。しかも土地を購入して建築してしまうと、そこから移転することは当然難しくなります。また将来的に現在ある商業施設がなくなったり、不便なことが発生することもあります。

そのように現在と将来のことも見据えて建築場所を考える必要があります。また交通の便も含めて人気の場所にマンションを建設できたとして、その賃料を決めることも経営上重要なことです。周囲の物件の賃料を調査して決定することが多いですが、生活する上で便利な立地であればあるほど、高い賃料を設定することも可能になり、経営上利益を多く出すことができます。逆に高過ぎると入居者が少なくなり、空室が多くなり、そのため計画していた賃料が手に入らないことになるため、賃料を下げて入居率を上げようとします。

また入居率を上げ空室を減らすために、入居者の選択基準があまくなり、入居者が周囲の入居者に迷惑をかけて、周囲の入居者が退去するといったトラブルを発生させる人を入居させかねない状況にもなりえます。そのためマンションを経営する上では、利益追求のための安売りをするのではなく、他のマンションとの差別化を図り、賃料相応のメリットがあることを理解させる必要があり、入居者自身がリノベーションができるようにしたりすることも、ひとつの方法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です