Skip to content

マンションを経営する資産運用

経営の方法は、マンションを購入してそれを不動産会社を通じて第三者に賃貸して、家賃を収入として受け取ります。マンション経営は、ほとんどの人が住宅ローンを活用して行います。賃貸で得る家賃収入は住宅ローンの毎月の返済にまかなわれます。マンション経営は資産運用の方法としてよく利用され、20~30代で始める人もいます。

マンション経営は、安定した収入が継続して得られるため、老後も安心して生活できます。老後になると年金だけでは生活が不安に感じる人が多く、こうした資産運用を行うと老後は不安がなく過ごせます。この方法は、実は節税効果があることを知っていますか。給与所得であれば所得税や住民税が源泉徴収されます。

不動産所得なら減価償却費や管理費などが必要経費として計上されます。給与所得者が不動産所得を得ている場合、年末調整後に確定した納税金額から、確定申告により納税金額が大幅に減少することがあります。住宅ローンを活用する場合は、借入金額に対して団体信用生命保険が付与されます。もしもマンションの所有者が病気になった場合、借入残高が全額返済になり、今後のローンの支払いをする必要がなく引き続き家賃収入が得られます。

この資産運用は景気の動向に左右されず、安定した収入が得られることで有名です。物価が上がれば、それに伴って家賃の金額を上げることができます。物価が下がる場合は、立地が良ければ大幅に家賃を下げる必要がないので、安定した資産運用ができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です