Skip to content

マンション経営の最大の利点としては

マンションは住む為に存在している物です。しかし、それは自分が住むかどうかは別問題になります。つまりは、経営に使う資源となる物でもあるわけです。マンション経営の素晴らしいところは、長く利益が期待できる点にあります。

立地がよければ借りてくれる人はいくらでもいるようなマンションはいくつもあります。しかし、大きな問題点としては初期投資費用が物凄く高くなる点があります。こればかりは一棟丸々建てようと思ったら、数億円どころでは足りないレベルの金額が必要になりますから、投資のハードルは非常に高いです。それでも一室を購入して貸す小さなマンション経営もありますし、検討をする余地が十分に存在します。

利益に転換する地点のことを損益分岐点といいますが、十年でこれを超えられれば、非常に上手い投資であったといえます。逆を言えば、少なくとも十年以上は持ち出しが続くわけです。不動産担保ローンなどで購入した場合、金利の支払いもありますから、更に長くなる可能性もあります。事業は基本的に短期的な利益があればそれにこしたことはないのが鉄則です。

但し、マンション経営の場合、一度利益に転換したら、すでに富を生み出すモデルが出来ている状態になっているわけですから、後は手放しで利益を受け取れるようになります。積立金など考える部分もありますが、一度利益まで漕ぎつければ、安定しているのが、不動産経営の大きな特徴であり、メリットになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です