Skip to content

中古マンションを売却する時の注意点

マンションを購入してもそのマンションに一生住み続ける人ばかりではありません。何らかの理由で途中で売却をしてしまうこともあるでしょう。例えば、旦那さんがサラリーマンで、転勤を命じられた場合などは旦那さん1人で単身赴任をするかそれとも家族揃って引っ越しをすると言う選択に迫られるます。家族揃って暮らしたいのであればマンションを売却するほかありません。

また、当初は支払いが可能だと思っていた住宅ローンの支払いができなくなる場合も売却をする理由の一つです。この場合、中古マンションの売却という形になりますが、中古マンションを売却する場合には、その評価額を査定する必要があります。査定は、インターネットでできる簡易査定と、実際に不動産会社の査定係に来てもらう実査定があります。簡易査定の場合には、インターネットに必要事項を記入するだけでおおよその査定額が出てきます。

ただし、この場合の査定に関しては、日当たりや周りの環境などについてはわかりませんので、より詳しい査定額を知りたい場合には実査定をすることが必要になります。特にローンが払えずにマンションを手放す場合には、より詳しい査定額を知っておく必要があります。ちなみに、ポストに入っているチラシなどで自分が住んでいる同じマンションが中古マンションとして売りに出されている場合があります。売値がわからない時にそのマンションの金額を参考にしてもいいですが、実際にその金額で売却が成功したわけではありませんので、そのチラシの売り値で売ることができるということではないので注意をしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です