忌避剤を使って鼠撃退を成功させる

ミントなどのハーブの香りは、鼠はとても苦手にしています。


そのため、忌避剤には実際にハーブの成分が使用されているのです。

いくら鼠撃退できると言っても、人体に有害な成分が入っていては使用することに抵抗を感じるものですが、天然成分なら使っても大丈夫です。

忌避剤は、スプレー式や燻煙式、設置式などが出ています。

スプレー式は直接鼠にスプレーを噴射します。



標的となる鼠は小さいですし、すばしっこいので実際にスプレーをしようとすると難しいものです。

そこで、足跡が残っていたり、糞などが落ちているラットサインに沿ってスプレーをしておくといいでしょう。

効果は数日間続きます。

定期的にスプレーをしておくといいでしょう。燻煙式のメリットは部屋の隅々まで忌避剤の成分が行き届くことです。
スプレーなどを吹きかけるのが難しいところにまで効果が出ますから、長期間住み着いている鼠にも効果があるとされています。

これなら鼠がどこに逃げ込んだとしても、しっかり鼠撃退することができます。

殺鼠剤ではないので、安心して使えるのもポイントです。



設置式は置いておくだけで鼠撃退になるので便利です。効果も長く効くものが多いですから、対策するのが面倒な人にも合っています。



鼠が出そうな場所にいくつか置いておきましょう。注意しておきたいのは、鼠取りなどのような罠とは併用はできないという点です。


忌避剤で鼠が近づかないようにするか、一匹ずつ捕まえたいのかよく考えましょう。