鼠撃退で安心できる衛生的な生活を

鼠撃退をしておかないと、家具や衣類がかじられたり、農作物や部屋の中にある食品を食い散らかしたりする可能性があり、危険なのは電気の配線をかじって火事を起こされたり、ガスのゴム配管をかじってガス漏れしてしまうことです。
棲み着かれたことでノミやダニが増える可能性もありますし、糞尿は悪臭につながるだけでなく雑菌の繁殖も懸念されます。

蛇やイタチなど捕食する動物がニオイに誘われて侵入してくる可能性もあるので、早めに対処するべきです。
死骸を見たくない人は、鼠撃退に忌避剤を使う方法があります。



嫌がるニオイを侵入口や通り道にスプレーすることで近寄らなくなります。
姿を見かけたときに直接吹き付けることも可能です。燻煙タイプを利用したい人は、火災報知器が煙に反応するタイプかどうか確認してから使う必要があります。



超音波を出す装置で、嫌がる周波数の音を出し続けることで近づけさせない方法があります。

人の耳には聞こえなくてもペットには聞こえている場合があるので、ペットを飼っている人は説明書を十分に読んで利用することが必要です。


ペットのストレスになって、体調を崩す恐れがあります。

障害物が多い場所だと音が吸収されて効果が出ないことがあるので、複数台設置したほうが良い場合があります。



電磁波を出す装置は、ペットだけでなく人や家電も影響を受けるので、十分に考えた位置での設置が必要です。鼠撃退アイテムもずっと同じものを使っていると慣れてくる可能性があるので、いくつか使い分けるようにすると良いです。